2020/05/25 13:06

Q.うなぎ店の「並・上・特上」は何が違うの?
A.よく、うなぎ丼やひつまぶしの「並・上・特上」によって鰻の種類や質が変わってくるのですか?特上は高級なうなぎを使っているのですか?というご質問をいただきます。
答えとしてはNOです!一般的にうなぎ店のこの「並・上・特上」うなぎの『量』のことを示しています。
特上が一番うなぎの量が多く、たくさん食べたい人向けのメニューになります。

Q.原産国に(国産・中国産)と書いてあるのはなんで?
A.うな富士では時期によってその時一番美味しいうなぎを様々な産地から仕入れております。
そのため時期によっては中国産のうなぎを使用することもあります。
うな富士のこだわりの中に『常に新仔うなぎを使う。』というこだわりがあります。
この『新仔うなぎ』というのはうなぎの稚魚(しらすうなぎ)を池に入れてから1年未満の若いうなぎのことで、身と皮が柔らかく、小骨も少ない貴重なうなぎです。
この新仔うなぎは時期のものなので、同じ産地で1年中獲れるものではありません。そのため日本各地の産地のものや中国産のものを使用しております。
うなぎは出まわっている約99.5%が養殖の魚ですが、その稚魚は天然という珍しいタイプの養殖です。
実はその稚魚は日本産も中国産も同じ所から取ってきており、『うなぎに国境はない。』という言葉もあります。
また、中国はうなぎの養鰻技術も高く、法整備もなされている為、薬品についての規制や検疫も厳しく、安心できるうなぎを安心できる産地から仕入れております!